スタートアップについて英語で学ぶなら、まず活用すべきリソース4選+α

シリコンバレーで就活中です、のだもです。最近ツイッターを始めたら面白くてはまってます(Twitter @nodamoyo)。

グーグルやフェースブックなど今や大企業となったスタートアップを山のように輩出しているシリコンバレー。老いも若きも日々新しいビジネスを立ち上げています。

この記事では、「我こそは次のスティーブ・ジョブズ!」という方や、「スタートアップってそもそもどうやって立ち上げてるの?」「最新の情報はどうやって手に入れたらいいの??」という方のために、シリコンバレー直発のスタートアップに関するリソースをまとめました。

 

定番編

その1:How to Start a Startup - Y Combinator

スタートアップを立ち上げようと少しでも思った人なら必見、そうじゃなくても面白くてためになる、動画講義集のHow to Start a Startup

主催のY Combinator はシリコンバレーに拠点をおく世界有数のシード投資ファンドで、赤ちゃんのようなステージのスタートアップに少額の投資をし、3ヶ月のプログラムを経てばりばりのビジネスまで育て上げることで有名です。

Dropbox, AirBnB, Twitch, Reddit, DoorDashなど卒業生も超有名企業ばかり。独特の哲学のもと、非常に安定した打率でスタートアップを世に送り出しています。

そんなY CombinatorのHow to Start a Startup は、元々はスタンフォード大学の授業だった講義を録画して、編集したもの。アイデアの出し方から資金集めの方法、企業文化の作り方までを網羅した講義集は非常にわかりやすく、スタートアップのバイブル的存在です。起業を考えている人は誰しも必見です。そうじゃなくても、TEDのように、ただ見ているだけでも面白いです。

ちなみに私のお気に入りは第6章、フェースブックのAlex Schultzによる「グロース」に関する講義。「グロースハック」という言葉に騙されそうになっている人、これを見てみてください。

 

その2: Paul Graham のブログ

Y Combinatorの創立者、ポール・グラハムのブログ

見た目こそ地味ですが、スタートアップの定義をしたStartup = Growthや「スケールしないことをしよう」というDo Things That Don’t Scaleなど、伝説の記事が連なるブログです。

一千を超えるスタートアップに投資し、数千の数の起業家にアドバイスをしてきた経験から語られるブログは、How to Start a Startupと同じく、スタートアップのバイブル。

日本語訳は、ググって見つけて勝手にリンクを貼って申し訳ないのですが、プログラマのnaoya_tさんのウェブサイトに全てまとめてあります。

 

その3: Tech Crunch

元々はマイケル・アリントンという起業家の個人ブログだったTech Crunchですが、鋭い切り口の記事があれよあれよという間にシリコンバレーで人気を集め、今ではテック業界で最も影響力のあるニュースサイトになりました。

駆け出しのスタートアップにとっては、プロダクトリリースの日にTech Crunchに取り上げてもらえることが「華々しいデビュー」とみなされます。

日本版 Tech Crunchもあるので、フォローされている方も多いかもしれません。

 

その4. Hacker News

Hacker Newsは、いわば2ちゃんねるのスタートアップ版です。上述したY Combinatorが管理人のため、投稿の質が良いのが特徴。

ニュースのリンクが集まるメイン掲示板、Show HNと言って新しいサービスやアプリを作った人が自分のプロダクトを匿名で「見せる」ことでフィードバックをもらう掲示板、さらにはY Combinatorを卒業した企業のみの優良求人が集まる掲示板、など情報量も豊富。

過去の人気のスレッド一覧はここから見れます。ちなみに現在のオールタイム2位は、過去記事「Uber CEOの休職にみる、シリコンバレーのセクハラ問題」で取り上げた、Uberの内部問題を告発するブログ記事。

 

番外編

その1: Masters of Scale

Masters of Scale with Reid Hoffman

無料
(2017.07.15時点)
posted with ポチレバ
上にあげた4つのリソースは誰もが参考にする王道的存在なので、ここからは私のお気に入りを集めた番外編とします。

これはビジネス系ソーシャルネットワーク、LinkedInの創立者リード・ホフマンによるポッドキャスト。一話30分くらいで、英語を耳から勉強しつつスタートアップ経験者の面白い話が聞けます。フェースブック創立者のマーク・ザッカーバーグもゲストとして出演している、豪華なポッドキャストです。

 

 番外編その2: Medium

ツイッターの創立者エヴァン・ウィリアムズによって作られた、ブログプラットフォームのMedium。立ち上げ当初は、すでにメンバーの人の招待がないと参加できない仕様だったためにスタートアップ業界の大御所たちがこぞって参入し、高品質な記事が集まるプラットフォームになりました。

現在はユーザーが増えてちょっと記事のクオリティが下がってきているともいわれますが、特に新技術やスタートアップに関しては、とても強いプラットフォームである印象を受けます。多くのスタートアップが会社の公式ブログをMedium上で公開していることからも、スタートアップ界隈の情報が集まりやすいことが見受けられます。

 

 番外編その3: Viral Loop Adam Penenberg著

日本ではあんまりいいイメージがない「バイラル」という言葉ですが、こういうぐんぐんと情報が広まっていくバイラルマーケティングは、フェースブックやなんとオバマ元大統領のキャンペーンの成功の鍵を握った手法でした。

上述したHow to Start a Startup 第6回で、私がすっかりファンになってしまったフェースブックのAlex Schultzが、「僕のチームに入った人にはまずこの本を読んでもらう」と言っていたので読みました。いかに商品やコンセプトがバイラルに広がっていくかを説明した本、面白かったです。

 

番外編その4: 「Founders at Work」 Jessica Livingston 著

Y Combinator創立者の一人、ジェシカ・リビングストンが、いまや伝説となった様々なスタートアップの創立者にインタビューした内容をまとめたもの。アメリカで使わない人はいないCraigslistの創立者Craigや、言わずと知れたもう一人のスティーブ、アップル創立者のスティーブ・ウォズニアックへのインタビューも収められています。

大きな夢や壮大な将来を描くという切り口ばかりで取り上げられがちなスタートアップ業界ですが、このインタビュー集は創立者の声により添い、ものすごく苦労した話が読めるので、人間味にあふれています。スタートアップだけじゃなくて、インタビューや個人の物語について読むのが好きな人にもおすすめです。

 

まとめ

というわけで、私が実際に日々フォローしているリソースの中から、より定番で面白いもの+お気に入りをピックアップしてまとめてみました。

もっと色々見てみたい、という方は、Mediumに乗せられたこの記事にさらに色々リソースがまとめられています:
So You Want to Learn More About Startups and the Tech Industry

私も日々勉強中(特に本をもっと読みたい)ですが、参考になれば嬉しいです。では!