ゆっくりとブログを再開します

あまりにも長いこと文章を書いておらず、書かない日々が続けば続くほど何をどう書いたらいいかわからなくなってきて前に進めなくなる日々を過ごしていました。

私もワードプレスでブログを作るんだ!キラキラしたブロガーライフをおくるんだ!と勢いで作ったこのブログでは、アメリカ生活の紹介や、スタートアップ関連の情報について書いていましたが、生活が変わるにつれてそれらのトピックについて書けることも少なくなり、しばらくたって日本に帰国し、何を書いたらいいのかわからなくなっていたというのが正直なところです。(数ヶ月前に帰国しました。)

また読者数が目に見えるはてなブログと違い、検索流入が主になるこのブログでは陸の孤島感があり、同じ人に向けて定期的に手紙を書いている感覚がなかったのも筆不精になってしまった理由の一つかと思います。

そもそもブログとは誰に頼まれて書いているものでもなく、自分で好きで書いているはずなのに、書いた記事をアップロードするたびに誰か読んでくれているかな、とドキドキしてしまいます。どんなに小さなブログで、どんなにパーソナルな文章でも、誰かに読まれているだけでなんだか嬉しくて。

やっぱり私はどんなに下手でも文章を書くのが好きで、仕事が忙しいときには「何か書きたいなー」、仕事を辞めて暇で暇で仕方なくてやることがないときには「暇だなー、何か書こうかなー」と考えています。

このブログを開設するにあたって、私はたくさんのブログを読み漁り、ブログ運営のアドバイスや収益化のテクニック、見出しの付け方を学びました。ブログ記事とはなんなのか、と考え、それは情報を効率的に伝えることだ、という結論を出した結果、「△△に経験がある私がオススメの〇〇5選」のような、情報を羅列した記事も何本か書きました。

でもしばらくそういう記事を書き続けた結果、私はブログ記事を前のように書くことができなくなってしまいました。そもそも伝えたい「情報」をたくさん持っているほど一つの分野について詳しくなかったり、オススメできるものがあるほど物を買った経験(アンドお金)がなかったりで、フォーマットが自分に合っていなかったということに気づくのに、半年以上の時間がかかってしまいました。

映画のレビューブログや育児ブログ、雑記ブログなど、どんなブログでも私は読むのが好きです。でも自分が書いていて一番落ち着くのは、日常生活で起こったことをこくこくと書き、たまに読んだ本や映画、面白かったものを紹介する、エッセイのような記事中心のブログだと気付きました。そこで、「こんな雰囲気だといいな」というイメージを元にブログのタイトルと小さいディテールを変えました。

というわけで、ゆっくりとブログを再開できればと思います。もしかしたらまたしばらく書かなくなるかもしれませんが、まあそこは好きでやっているブログなのでよしとできればと思います。とにかくあまりガチガチに肩に気合を入れすぎずに、楽しく書いていきたいと思います。